大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
この記事の投稿日:2022年12月01日

院長執筆の論文が医学誌にアクセプトされました

院長が執筆した下記論文が、『耳鼻咽喉科臨床』という医学雑誌にアクセプトされました。

『耳鼻咽喉科臨床』は、1908年(明治41年)創刊の、耳鼻咽喉科関連の医学雑誌の中でも歴史ある医学雑誌の一つです。院長はこれまでも勤務医時代に、複数の論文を同誌に掲載されていますが、開業医となってからは初めてです。掲載は15年ぶりになります。15年前は、原稿も写真も綺麗に3部印刷して本部に送り、郵便で返送を待つ。書き直したら、また一から印刷して、3部送るを繰り返していたのですが、今やオンラインとメールでのやり取りとなり、隔世の感がありました。

今回の論文は約5年前に、院長自身が罹患し、永冨脳神経外科において確定診断され、脳血管手術で治療した硬膜動静脈瘻に関してのものです。症例報告としての意義のみならず、自分が患者としての立場での報告も兼ねています。査読(審査)もあるため、あまり過激な表現はできませんでしたが。硬膜動静脈瘻が、耳鳴りのみで発症する確率は、年間約100万人に1人であり、私の医者人生で初めての患者が自分でした。

平成30年1月8日の夜、左耳から「ひゅうひゅう」と風で電線が鳴るような、また、遠くから聞こえる食洗機の洗い音のような耳鳴を自覚。翌日には、車に乗ってエンジン始動前、閉鎖空間となるとよりはっきりと自覚されました。その耳鳴は、自分の心拍に一致したリズムの拍動性耳鳴であり、後頸部の圧迫により消失するという特徴を有していました。(ココ大切!)

翌日、永冨脳神経外科を受診し、単純CT(外来)、MRI(外来)、造影CT(外来)、脳血管造影検査(入院)を経て確定診断され、同年3月に脳血管手術により、動静脈瘻(シャント)の閉鎖手術を受けました。手術直後から血管性耳鳴は消失し、術後約5年間、再発はしておりません。

主治医、執刀医であった永冨脳神経外科 堀放射線科部長はじめ、永冨脳神経外科のスタッフ皆さんには感謝してもしきれません。

また、2週間余りの入院生活、一晩でしたがICUでの経験は、小生が医師として生きていく上での糧となっております。

今回の論文は私のモットーでもある、「転んでもタダでは起きない」ことの証でもあり、今回のアクセプトはこれまでのどの論文よりも、嬉しく印象的な出来事となりました。

『血管性他覚的耳鳴で発症したS状静脈洞部硬膜動静脈瘻ー患者としての自己体験からの検討』

著者名:首藤純 1)  堀雄三 2) 

所属:1) 医療法人純洋会 首藤耳鼻咽喉科2) 医療法人健裕会 永冨脳神経外科病院放射線科

Dural Arteriovenous Fistula Presenting as Pulsatile Tinnitus: A Self-Report

Jun Shuto: Shuto ENT Clinic

Yuzo Hori : Nagatomi Neurosurgical Hospital


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る