大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

コロナになった人へ(経験からのアドバイス)

この記事の投稿日:2023年01月01日

★実体験に基づいて述べていますので、医学的に正しいかどうかは、ご自身でもお調べになり、持病のある方はかかりつけの先生にもご確認ください。全ての人に当てはまるとは限りません。

①陽性者登録を行います

基礎疾患のない人は、この後は健康フォローアップセンターの管轄になります。登録後は、自分で悪い時に連絡をするようになり、先方からは連絡はありません

基礎疾患ある方、高齢者、妊婦の方は、保健所管轄となり、保健所から連絡があります

休む日数などは、ネットなどで最新の情報を検索して下さい

 用意するもの:体温計、氷枕(アイスノン)、水やお茶、インスタント食品、ゼリー、インスタントご飯など(置き配を利用すること)

 あると良いもの:SpO2モニター(サチュレーションモニター)、加湿器、使い捨てボディータオルシート

②落ち着いて、家族や、職場に連絡します

感染したら最低7日間、可能なら10日間の隔離となります。

7日経過しても、10日までは「うつす」能力があると考えて、行動に注意します。

前日に会っていた友人や知人など濃厚接触に当たる方にも、連絡をします。

色々用事もあるでしょうが、思い切って仕事や、スケジュールは全てキャンセルしましょう。

もはや誰がいつかかっても仕方ない病気ですので、隠し立てしない方が良いでしょう。

同居の家族は、基本的には濃厚接触となります。(経験的に3-4日以内に陽性となることが多いです)

家族が陽性になるまでは、感染者は基本的に部屋に篭ります。(自宅隔離)

トイレや、家の廊下など通路も別々にします(ゾーニングと言います)

健常者がいる方に風が流れないようにします。換気扇の向きに注意

共用の風呂は我慢します(使い捨てボディータオルシートを使い自己清拭)

③喉、発熱、鼻汁、鼻閉などは徐々に悪化します

最初は症状が軽くても、徐々に症状は悪化します。おそらく3日目頃がピークになります。

もっとも怖いのは「ハッピーハイポキシア」苦しくないのに肺炎が進行することです。

1日3-4回は体温とSpO2モニター(96以上あること)で酸素濃度を測定します。変化を知るために紙に表やグラフで記録を残すと良いでしょう。

痰が多くなってきたら、うつ伏せ寝や、バイブレーションを胸にかけ痰を出しやすくします

その他困り事や、喉の痛みが、唾も飲めない、食事も取れないほどに悪化しそうであれば、まずはフォローアップセンターや保健所に連絡します

④お部屋にいるときは

加湿に気をつけます 湿度は40%キープ (結露はしますが仕方ない)

食欲がなくても、ビタミンを含むゼリー、プリンなどで、カロリーはしっかり摂ります。

喉が渇かなくても、水分はしっかり摂ります。(500ml*4本程度/日)脱水を防ぎ、痰を粘っこくしないためです(水分制限がある方は除く)

ずっと室内にいるとイライラしますので、少し元気が出たら、自分の家の庭やベランダで日向ぼっこや、窓を開けて空気を入れ替えましょう。

最後に、  

ほとんどの人は助かりますから、とにかく恐れすぎず、でも、亡くなる人もいますから、舐めすぎず(特に中年以上、基礎疾患ある人)

54歳でかかりましたが、私はインフルエンザなんかより、すごくしんどかったです。

私は5日過ぎると、ぐっと楽になってきました。でも10日目まではうつす能力がありますから、出歩かないこと!病院受診も必ず電話相談してから。油断は禁物です。

参考までに私の熱型表を載せておきます。


院長執筆の論文が医学誌にアクセプトされました

この記事の投稿日:2022年12月01日

院長が執筆した下記論文が、『耳鼻咽喉科臨床』という医学雑誌にアクセプトされました。

『耳鼻咽喉科臨床』は、1908年(明治41年)創刊の、耳鼻咽喉科関連の医学雑誌の中でも歴史ある医学雑誌の一つです。院長はこれまでも勤務医時代に、複数の論文を同誌に掲載されていますが、開業医となってからは初めてです。掲載は15年ぶりになります。15年前は、原稿も写真も綺麗に3部印刷して本部に送り、郵便で返送を待つ。書き直したら、また一から印刷して、3部送るを繰り返していたのですが、今やオンラインとメールでのやり取りとなり、隔世の感がありました。

今回の論文は約5年前に、院長自身が罹患し、永冨脳神経外科において確定診断され、脳血管手術で治療した硬膜動静脈瘻に関してのものです。症例報告としての意義のみならず、自分が患者としての立場での報告も兼ねています。査読(審査)もあるため、あまり過激な表現はできませんでしたが。硬膜動静脈瘻が、耳鳴りのみで発症する確率は、年間約100万人に1人であり、私の医者人生で初めての患者が自分でした。

平成30年1月8日の夜、左耳から「ひゅうひゅう」と風で電線が鳴るような、また、遠くから聞こえる食洗機の洗い音のような耳鳴を自覚。翌日には、車に乗ってエンジン始動前、閉鎖空間となるとよりはっきりと自覚されました。その耳鳴は、自分の心拍に一致したリズムの拍動性耳鳴であり、後頸部の圧迫により消失するという特徴を有していました。(ココ大切!)

翌日、永冨脳神経外科を受診し、単純CT(外来)、MRI(外来)、造影CT(外来)、脳血管造影検査(入院)を経て確定診断され、同年3月に脳血管手術により、動静脈瘻(シャント)の閉鎖手術を受けました。手術直後から血管性耳鳴は消失し、術後約5年間、再発はしておりません。

主治医、執刀医であった永冨脳神経外科 堀放射線科部長はじめ、永冨脳神経外科のスタッフ皆さんには感謝してもしきれません。

また、2週間余りの入院生活、一晩でしたがICUでの経験は、小生が医師として生きていく上での糧となっております。

今回の論文は私のモットーでもある、「転んでもタダでは起きない」ことの証でもあり、今回のアクセプトはこれまでのどの論文よりも、嬉しく印象的な出来事となりました。

『血管性他覚的耳鳴で発症したS状静脈洞部硬膜動静脈瘻ー患者としての自己体験からの検討』

著者名:首藤純 1)  堀雄三 2) 

所属:1) 医療法人純洋会 首藤耳鼻咽喉科2) 医療法人健裕会 永冨脳神経外科病院放射線科

Dural Arteriovenous Fistula Presenting as Pulsatile Tinnitus: A Self-Report

Jun Shuto: Shuto ENT Clinic

Yuzo Hori : Nagatomi Neurosurgical Hospital


<重要>外来感染対策向上加算についての掲示(厚労省通達による)

この記事の投稿日:2022年10月20日

<重要>外来感染対策向上加算についての掲示(厚労省通達による)

当院は、院内感染防止対策として、必要に応じて次のような取組を行っています

〇 感染管理者である院長が中心となり、従業者全員で院内感染対策を推進します。
〇 院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に、研修会を年2回実施します。
〇 感染性の高い疾患(インフルエンザや新型コロナウイルス感染症など)が疑われる場合は、一般診療の方と導線を分けた診療スペースを確保して対応します。
〇 標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成し、従業員全員がそれに沿って院内感染対策を推進していきます。
〇 感染対策に関して基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。

首藤耳鼻咽喉科 (^^)


クチコミサイトなるもの(2020年版に加筆)

この記事の投稿日:2022年06月16日

2022/06/16加筆

飲食店の評価サイトが、その一方的な、しかも公表されていない公平と言えない評価方法が、独占禁止法に抵触するため、飲食店に損害賠償を払えという判決がでました。

これこそ、業界こそ異なるとはいえ、私が、2020年2月の下記ブログで述べたことなのです。すなわち、飲食業界におけるメシの美味い、美味くないや、サービスの良い悪いなんて、客の主観で変わるものであり、医療機関でも同じことが言えるのではないでしょうか?

以下、2020年の私の記述です↓

私の考えですので、聞き流して下さい

医療は、その患者さんのパーソナリティ、そして疾患ごとに対応が異なります。ことに、当院は公立病院ではありませんので、皆さんの税金で経営しているわけではありませんから、そのさじ加減は院長の裁量となります

クチコミサイトに低評価、悪口を書いている人がいるのを有料で取り消してくれるというお仕事があるそうです。また、お褒めのコメントを有料で書いてくれるお仕事もあるそうです。ということは、自分で悪口を書いておいて、有料で消すというお仕事もあるのでしょう

私は医療機関に関しては、クチコミサイトはあてにならないと考えています。すなわち、患者さんと医者も、人と人であり、合う合わないがあることが、当たり前だと考えています。他の人に合う医院でも貴方には合わないかも知れないし、その逆もあるということです。

私はかねがね、クチコミサイトへのコメントや、点数づけは不要と考えています。お褒めもお叱りもいりません。どのような御指摘を受けようとも、私はこのスタイルで、30年近く医者をやってますから、もはや変わりませんので、申し訳ありませんが、私のスタイルが合わないとお感じになれば、他院の受診をお願い申し上げます(事実無根のクチコミや評価には、顧問弁護士と相談の上、積極的に開示請求を行なっております)

また、お褒めはありがたいのですが、クチコミサイトにではなく、私に直接おっしゃって頂けますと御礼が言えますので、嬉しいですね^_^

 


硬膜動静脈瘻手術後四年

この記事の投稿日:2022年04月08日

拍動性の片側性耳鳴のみで発症した、私の硬膜動静脈瘻も脳血管手術後四年を経て、先日脳MRI検査を行い、経過良好でした。

たった一晩でしたが、つらい術後の宿酔(全身麻酔の副作用)や、ICUでの絶食、体動固定などの出来事は、忘れることはないでしょう。入院は約2週間に及びました。

身体に用心して、またこの病気の体験を診療の糧として、転んでもただでは起きないという私のモットーで、ぼちぼちがんばりたいと思います。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る