大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分の耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
首藤耳鼻咽喉科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
大分市の首藤耳鼻咽喉科に関するサイト内検索
rss
  • 2017 年 9 月
    « 7 月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

アレルギー、レーザー治療についてのお願い(改訂)

スギ花粉症、ハウスダストなどのアレルギー性鼻炎のレーザー治療の問い合わせが多くございます。

しかしながらそのほとんどが、「とりあえずレーザーでもやってみよっか」的なノリの方が多いのも事実です。

当院では年間150人程度の方にレーザー治療を行っておりますが、決して夢のような治療ではありません。

レーザーしてから1週間は鼻汁鼻閉が悪化しますし、効果が全くない方もいらっしゃいます。効果も1年程度で切れます。

レーザーを行う前提として、

①アレルギー検査がなされ、アレルギーの原因がはっきりしていること

②当方の説明を聴いていただき、理解して、院長との信頼関係が築ける方

③これまでガイドラインに則ったきちんとした治療がなされ、それら治療が無効であった方

→逆に言うと、花粉症の薬が効くくらいの方は、レーザーする必要がありません。

④レーザーのメリット、特にデメリットを正しく理解、了承していただける方

⑤④他の全身的疾患が無い方(精神疾患、糖尿病、血液サラサラの薬の内服など)

小さいとはいえ手術に分類されることですので、初診でいきなりレーザーを行うようなものではありません。(全く効果のない方もいます)

⑤スギ花粉症に対するレーザー治療は、11月〜1月に行うものです。つまり花粉が飛散してからは、あまり効果が期待できません。

⑥スギ花粉症に対するレーザー治療は12−1月頃に行うのが最も効果が出ると考えます。

上記、ご了承ください。

※アレルギー性鼻炎のレーザー治療(含む花粉症)は、完全予約制で行います。



2017/09/01 | カテゴリー: お知らせ
このページの最上部へ戻る