大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2019年10月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
この記事の投稿日:2015年08月10日

魚の骨をひっかけた!(魚骨異物の話)

この記事は2015年8月10日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

時節柄,魚の骨をひっかけて来院される方が増えております。

昨日の診療では4人の魚の骨関連の患者さんがいらっしゃいました。

魚の骨と行ってもいろいろある訳で。。。

まず,基本的に(あくまで基本的にですが),イワシ,さんま,うなぎなどの小骨は,あまり重症になることはありません。

引っかかっている場所が,口を開けたところにある扁桃の真正面なんて言う場合は,正直,我々耳鼻科専門医にとっては楽勝です。口からのアプローチでとることが可能です。

しかしながら,扁桃の下の方(舌の向こうの落ちている部分)であったりした場合は,鼻からカメラを入れて,鉗子(マジックハンドみたいなもの)で摘出します。

小骨でも,放っておくと,細菌感染を起こし,重症化することがあるので,注意が必要です。

もっとも注意すべき魚は,タイやブリ,サーモンの大きな骨,あら煮の時にある顎の骨などです。うっかり,食道などにつきささっているのに,民間療法で,ごはんを丸呑み!!みたいな非医学的なことをすると,食道を切り裂いてしまったなどという笑えない話があります。

◯予防策

まず,そもそも魚を食べる時は,刺身であれ,フライであれ,骨がある可能性を充分注意して予防して下さい。

特にご高齢の方は,飲み込む時に骨があると思っても,それを止める反射的な神経が弱まっているので,特に気をつけて下さい。また,子供さんに魚を食べさせるのはよいことですが,小児は扁桃が大きく,骨が刺さりやすいこと,また,泣きわめいて暴れてしまうと骨の摘出は無理ですから,最悪の場合,全身麻酔で摘出などと言うことになりますので,子供に食べさせる魚は親が充分に骨の確認をすること,また刺身などを加熱するなど,骨の少ない魚を選ぶことが必要です。

◯魚の骨を引っ掛けてしまった場合には,

まず,民間療法である,ごはんの丸呑みは絶対にしないで下さい。(粘膜が裂けてしまう可能性があります)

小骨でも,細菌感染の原因などになりますので,ここでもキーワードは平日午前早め早めの受診です。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る