大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
この記事の投稿日:2015年10月28日

新型CTを導入し、通常のレントゲンも低被曝で行うことが可能となりました

この記事は2015年10月28日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

従来は高精細、高画質でしたが、6cmX6cmの範囲での撮影であり、鼻(副鼻腔)の撮影には2回の撮影が必要でしたが、この度、最大17cmX14cmまでの撮影ができ、なおかつ、横に寝て撮影するCTよりも低被曝なCT(モリタ社製)を導入いたしました。

これにより、従来は2回撮影していたものが、一度で完了することになり、なおかつ、低被曝で撮影出来ることになり、当院のCT撮影がより進化いたしました。

もちろん、従来通り、耳鼻科のCTですから、鼻、歯、耳、顎などがメインとなり、内臓や脳は撮影できませんが。。。

また、本機種の導入により、鼻(副鼻腔)の通常のレントゲンも、DR(Direct Radiography)技術を用いることにより、通常のレントゲンも従来のレントゲン(現像液を用いるアナログレントゲンやCR;computed radiography)よりも低被曝で行うことができるようになりました。だだし、機械の都合上、撮影出来る年齢には制限(あまりに小さいお子さんは厳しいかも)があります。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る