大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2019年12月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
この記事の投稿日:2015年06月10日

扁桃(腺)摘出術について

この記事は2015年6月10日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

以前は扁桃腺(へんとうせん)と言っておりましたが,現在は扁桃(へんとう)が正しい名前です。

扁桃にも種類がありますが,皆さんの眼で見えるのは,のどちんこ(口蓋垂)の両側にある,もこもことした場所(口蓋扁桃)です。扁桃は5−7歳くらいが最も大きくて,この時期の扁桃肥大は基本的には手術の対象とはなりません。大きいのが当たり前だからです。しかしながら,扁桃が原因で毎月のように熱を出す(正式には1年に4回以上の発熱,投薬),いびきが大きくて,無呼吸になるなどの症状があれば,こどもでも扁桃摘出の適応となります。

また,大人になってからでも(子供の時に扁桃炎などしたことが無いような方でも),

◯扁桃炎を反復する方(年4回以上)

◯扁桃炎になると内服では改善せず,点滴に至る方

扁桃炎どころか,その炎症が周囲に波及し,扁桃周囲膿瘍や,扁桃周囲炎になる方

◯いびきが大きく,無呼吸になる方

※大人になってからの扁桃炎,扁桃肥大は,喫煙,肥満との関係があるようですが。。。

上記に該当すると,扁桃摘出術の適応が出てきます。

この扁桃摘出術(へんとうてきしゅつじゅつ)はその昔,局所麻酔で,耳鼻科のイスに座ったままで行っていた時代があり(20年前くらいまででしょうか)ましたが,現在では全身麻酔下に行い,1週間程度の入院をするのが通常となっております。これは出血など副損傷を起こした場合の,安全性を確保する為です。

現在大分県内で,この手術を行っているのは,小生が把握している中では

◯大分県立病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 (通常,手術まで2−3ヶ月待ち)

◯大分大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科 (通常,手術まで2−3ヶ月待ち)

◯別府医療センター(旧 国立別府病院 別府市)

◯南海医療センター(旧 南海病院 佐伯市)

のみであると思います。

当院でも,この4院にご紹介申し上げるように致しております。

つまり,扁桃を取る手術,扁桃摘出術はその日に来て,直ぐ取れる,などと言うものではありませんので,ご理解下さい。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る