大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2018年12月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
この記事の投稿日:2018年08月09日

大人の中耳炎で気をつけること

中耳炎は主に鼻水をすすったり、かむ力が強すぎて、耳に細菌が飛んでいき起こると言われます。

成人は本当なら解剖学的、免疫学的にも中耳炎になりにくくできています。しかし、なりにくいはずの大人が中耳炎になっているという事は、その時点で子供の中耳炎とは異なる注意が必要です。

例えば、中耳炎の最中の耳鳴、耳閉の出現、もしくは、中耳炎が見た目上は治ったのに、耳のつまり感、耳鳴が治らない場合。これらの症状は、難聴のサインです。難聴の兆候を調べるのは聴力検査です。

中耳炎後もしくは中耳炎の最中の難聴で、耳鼻科医がもっとも恐れるのは、中耳炎の内耳波及、すなわち内耳炎です。この場合、できるだけ1週間以内に、ステロイドやビタミンB12、循環改善剤の投与を行わないと、聴力そのものの改善が厳しくなり、早期治療しても耳閉、耳鳴、難聴が後遺症として残存する事があります。聴力検査の程度によっては、早期にこれらの薬を開始し、増悪すれば高次医療機関を紹介します。

同じく、大人に多いのですが、当初は通常の細菌性中耳炎、外耳炎だと思っていたのに突然、顔が動かなくなる事があります。ウィルス性のハント症候群という難治性の顔面神経麻痺です。こうなると大変で、内耳炎と同様に高次医療機関を紹介します。早期には細菌性、ウィルス性の見極めは困難であり、悪化することの予測は難しいのですが、耳内所見や聴力検査など諸検査を行うことで前触れを察知し、予測がつき早期に対処が可能になります。

この他にも、様々なケースがあり、それぞれに原因を考えていかなければなりません。

私のことを信じてくださる方の受診をお待ちしていますが、人と人ですから相性もあります。不安、不満のある方は、他院耳鼻科も受診して頂き、是非自分に合う耳鼻科を探して下さい。

医療はお互いの信頼関係が大切だと常々思っています。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る