大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2019年1月
    « 10月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

2009年を終えるにあたって

この記事は2009年12月29日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

この記事の投稿日:2009年12月29日

本年の診療も本日12月29日までです。

開院して2年半,実に1万人を超える方々に来院頂きました。100%の満足を与えられる医療というものは,なかなか実現できるものではありません。特に患者さんが多い昨今は,じっくりとお話を伺いたくても,どうしても病気に特有の症状の要点を聴き出すことが主体となってしまい,そのためにセカセカした医療になってしまいがちであることを,日々反省致しております。しかしながら,この2年半,一度もいい加減な医療を行ったつもりはありません。治療方針を立てるにあたって,薬だけでいくのか,処置/手術(切開など)が必要なのか,それをはっきりとさせるためには,どのような検査が必要か,どのような説明をすれば,患者さんご自身や親御さんにご納得頂けるか,またより高次の医療機関に紹介するべきケースなのか,そしてそのタイミングはいつなのか,外来の短い時間の中で,医師として当然ではありますが,毎日頭をフル回転させています。

2010年を迎えるにあたって,これからも自分が患者の立場となった時に,また自分の子供が患者である時に,また自分の両親,祖父母が患者であるときに,受診して,受診させて納得できる医療を,院長以下スタッフ一同,引き続き行って参る所存です。もちろん,自分の考えうるベストの医療を行っていくために,院内研修をはじめとした,日々の研鑽,勉強も,これからも継続していきます。

皆さんに感謝を込めて,2009年のブログを終えます。

そして,来る2010年もよろしくお願い申し上げます。

首藤耳鼻咽喉科 院長 首藤純


新型インフルエンザ予防接種について(第6報)

この記事は2009年12月27日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

この記事の投稿日:2009年12月27日

現在,下記の方の予約受付中です。

○基礎疾患のある方

○1歳から小学生,中学生,高校生の方

○1歳未満のお子さんのいる親御さん

接種は完全予約制ですので,まずお電話を下さい。

また2月位から輸入品のワクチンに徐々に切り替わる予定ですので,早めの接種をおすすめ致します。

首藤耳鼻咽喉科 しゅとじび


季節性インフルエンザワクチン終了

この記事は2009年12月27日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

この記事の投稿日:2009年12月27日

今シーズンの季節性インフルエンザワクチン予防接種は終了致しました。

ご了承下さい。


新型インフルエンザのあとで

この記事は2009年12月21日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

この記事の投稿日:2009年12月21日

当院でもこれまで多くの新型インフルエンザ患者さんを診察/治療して参りました。幸いにして,入院に至るほどの重症患者さんはいらっしゃらなかったのですが,今回の新型インフルエンザを通してわかったことがいくつかあります。

●これまでの迅速診断キットでは判明しにくい場合が多々あること

兄弟や親子に新型インフルエンザ陽性が確定した方がいるのにも関わらず,12−24時間を経過しても陽性とならない場合が多くあります。その場合は,状況証拠で臨床的にインフル陽性として治療します。

●解熱しても,せきが多く後遺症として残ること

インフルエンザそのものは改善しても,咳が残る方が多いです。咳は多くの場合PIC(ピック:post inflammation cough)と言われ,感染症の後で残る咳ですが,さらに持続すれば咳喘息(喘息一歩手前)となり,喘息に移行する可能性もありますので,早め早めに対応/治療する必要があります。

●解熱しても,鼻汁が多く後遺症として残ること

インフルエンザそのものは改善しても,鼻汁が残る方が多いです。鼻汁は多くの場合透明で一過性の鼻水ですが,持続すれば膿性鼻汁(黄色や緑色の鼻水,青はな,あおっぱな)となり,慢性副鼻腔炎(ちくのう)に移行する可能性もありますので,早め早めに対応/治療する必要があります。

いずれにしても,インフルエンザはタミフルやリレンザなどのインフルエンザに対する治療薬と,鼻水や咳に対する治療薬の両方が必要になりますので,ご相談下さい

大分市津守 首藤耳鼻咽喉科 しゅとじび



予約システム変更のお知らせ(予告)来年から

この記事は2009年12月16日に公開されたものです。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。
最新の情報はこちらをクリックしてトップページからご確認をお願いいたします。

この記事の投稿日:2009年12月16日

平成22年1月より,これまでのWeb(i-mode,  ezweb, softbank)などによる予約システムに加えて,音声案内による自動電話予約(順番とり)システムを導入します。これにより,インターネットなどが苦手な方でも,電話音声案内で順番がとれるようになります!

しかしながら,これに伴い受付が代行して順番を電話で取るサービスは中止させていただいます。来院される患者様が開院当初よりもかなり多くなり,やむを得ず,自動音声による順番取りに変更させて頂きますので,どうかご了承下さい。なお,Webからの予約は従来通り行います。

また,順番を取っておいて,故意にあとから来られると言ったモラルのない使い方をしている方もいらっしゃるようで,それに関しては苦情も頂きましたので,順番取りに関して厳密に行って行きたいと考えます。順番よりもあまりにも遅く来られた場合には,多くお待ち頂くことになりますので御了承下さい。院長


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る