大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
この記事の投稿日:2018年01月25日

今年のインフルエンザ流行について(私見含め)

インフルエンザがBを中心に流行しております。(Aの方もいらっしゃいます)

今回の特徴としては、Bの場合、まずは消化器症状(吐き気、食欲不振、下痢)から始まり、発熱が目立たず(37度前後)、倦怠感や体の重さ、関節痛が目立つのが特徴のようです。Aの方が、発熱は高めです。

36度台でも、倦怠感が著明であると、インフルエンザが検出されることもあります。

また、市販の感冒薬や、腰痛などで鎮痛剤を頻用していると、なおさら熱は上がりません。

抗インフルエンザ薬の普及で、今や治ることが当たり前のようになっているインフルエンザですが、100年前のスペイン風邪では何万人もの方が命を落としていますし、本年も残念ながら、ご高齢の方や、1歳台のお子さんがインフルエンザ脳症で命を落とされています。昨年は30歳台の女性もお亡くなりになっています。

いずれにしましても、まずは、手洗い、うがい、マスクなどの感染予防、発熱があっても元気がよければ12時間待って迅速検査。頭痛がひどい、倦怠感が著明であれば、一旦受診して医師の診察を受ける。(あまりに発熱後早期で元気があると、検査は行わないこともあります。)

家族や職場など身近にインフル患者がいればなおさらですが、周囲にいなくてももらうことは大いにありますので、コンビニ、スーパーなどに行く時も、もらわないためのマスクを励行しましょう。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る