大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科【耳・鼻・のど・アレルギー性鼻炎・中耳炎・めまい・副鼻腔炎・難聴・顔面神経麻痺などの病気】首藤耳鼻咽喉科

大分県大分市の耳鼻科・アレルギー科・気管食道科・小児耳鼻科・首藤耳鼻咽喉科
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
〒870-0945 大分県大分市津守12組2 TEL 097-567-8714
診療の順番受付システムはこちら
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2019年8月
    « 6月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

院長は、はっきりとものを言います。

この記事の投稿日:2019年08月10日

2018年院長は脳血管手術を受けました。現在も経過観察中です。そこで学んだのは、健康なんて儚く崩れやすいものだということです。

申し訳ありませんが、院長ははっきり物事を言います。耳に心地よいことばかりは申しません。ご了承ください。

例1:タバコを吸っていたり、強い酒を飲めば、ガン(耳鼻科では喉頭癌や咽頭癌、舌癌)になるのは当たり前のことです。その覚悟の上で、普段から飲酒や喫煙をしてください。タバコの箱に「健康を害する」って書いてますよね。癌になったからといって、うろたえないでください。院長は元喫煙者です。でも、死にたくないから25年前に必死に禁煙しました。当時は禁煙治療なんてありませんでした。いまだに焼肉食べたり、酒飲んだら、タバコは吸いたいです。でも、死にたくないから、タバコは吸いません。27歳で舌癌になった喫煙患者さんを診たことがあります。有名な歌手が喉頭癌で喉頭摘出したのは46歳です。おそらく電子タバコでも害が無いとは思えません(これは私見です)。

例2:体調が悪いのに、無理に仕事をすれば病気が悪化するのは当たり前です。無理に部活で暑い中運動すれば、熱中症や脳梗塞になるのも当然です。健康あっての仕事であり、学校部活であると思います。

例3:早期に直さなければいけない病気は、受診が遅ければ、いくら治療しても治りません。例えば、

・突発性難聴は1週間以内に治療開始が原則です。

・喉が腫れてしまったら窒息死します。

・耳鼻科のめまいもありますが、脳梗塞でめまいが来ることもあります。

例4:いくら一生懸命治療して、治療内容が正しくても、残念ながら悪化することはあります。

・中耳炎からの内耳炎となり、治せない難聴になること。

・外耳炎かと思ったら、ハント症候群で顔面神経麻痺になること。

・口内炎の初期と舌癌の初期は区別がつかないこと

・喉頭炎・声帯白板が長引くので経過を観察したら、悪性腫瘍(癌)に進展すること

などなど、枚挙にいとまがありません。それだけ人間の身体は複雑です。

治るか治らないかわからないことは、わからないと言います。曖昧なあなたの耳に心地よいことばかりは言わないかもしれません。ご了承ください。


  • 診療受付時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 順番受付システムのご案内
  • 初診の方向けの問診票ダウンロード
  • 事務長ブログ
  • 首藤歯科クリニック
  • 当院は地域医療の充実に貢献する「大分県立病院・地域医療連携登録施設」です。

ページトップへ戻る